カテゴリー「体外受精シーズン2・採卵(アンタゴニスト法)」の3件の記事

2011年7月 5日 (火)

受精確認と凍結の結果・・・・

前回の日記の続きです

 

6月25日

この日は、受精確認の日でした

土曜日だったため、病院への電話は11時30分から12時30分の間にしなくてはいけず
(早すぎると受精確認できないし、この日は昼までで診察時間終了なので)

なのに、販売業の私はものっすごく忙しく
電話したいのに、お客様につかまり・・・接客をしている間も時計をチラチラ
(すみません、ダメ店員で

12時20分くらいにようやく接客が終わり、隙をみてバックヤードにGOッ
なんとか電話、間に合いました~~

先生「採卵したタマゴ12個だよね。あ・・・この前13個って言ったけど、採れたの12個だったから。

受精は、してるねぇー。11個受精ね。」

おおーーー
よかったぁ

ちゃんと受精できてましたぁ。
しかも11個も受精できたなんて

前回、ロング法で採卵した時には11個採れたうち、受精できたのは6個だけ(ふりかけで)だったので。
今回は成績優秀ですー

やっぱり顕微の方が受精率高いものなんですかね

そんな訳で、恐怖の受精確認もなんとか終わりました~
とにかく、ホッ・・・としました
今回の周期での移植は無いので、その後育っていったタマゴちゃんたちはすべて凍結される事に。

タマゴ達よ・・・・・。
また会う日まで、達者でな・・・・

 

※ちなみに、心配していたOHSSの症状は採卵した日の夜がピークだったようで、次の日起きてみたらかなりお腹の痛みは改善されておりました
歩いたりすると振動で少し痛みがありましたが、そんなにひどくも無く。

それでも生理が来るまでは、先生から言われたように水分の摂取は控えめにし、適度に動くようにと注意しながら過ごしました

 

6月29日

リセットしましたー。

採卵後の生理は早めに来ると聞いていたし、さらに早めに来るように(重度のOHSSの危険があったため)セトロタイド注射を打たれたこともあり、ビックリするくらい早かったです
採卵周期は19日間しかありませんでした

でも、生理が来てくれたおかげでOHSSの心配はほぼ無くなりました
よかった~。一安心です

 

7月1日

採卵1週間後の診察の日

先生から、採卵したタマゴたちの説明がありました。

「採卵したタマゴは13個あったんだけどさぁ、そのうち1個は空胞だったんだよねぇ。
なので、
12個が採卵できた数ね。
で、すべて顕微授精をやったんだけど、受精できた数は
11個だったんだよねぇ。



最終的に凍結できたのは8個だったからね。

残念ながら3個の受精卵は育っていかなくて廃棄となったから」

ぬぅ。
そうかぁ・・・。3個のタマゴちゃんたち、ダメだったのねぇ
悲しいけど・・・・
残った8個のタマゴたち
よくやった

そして、先生から移植に向けての話がありました。

「でさ。いつ戻そうか?
今回は5日目(胚盤胞)まで育ててから移植しようと思っているんだよねぇ。
たぶん、そこまで育ってくれると思うんだぁ」

私、今まで3回移植を受けてますが、先生から「胚盤胞まで育てる」なんて言われた事がなく。
毎回融解してすぐのタマゴを戻していたし、残ったタマゴを育ててみても毎回胚盤胞まで育ってくれたことも1回も無かったし・・・。

でも、今回「育つと思う」と言ってくれたって事は・・・・
もしかして、タマゴちゃんの質が前回よりもいいってことぉ
もう勝手に期待しちゃってる自分がいます(笑)

 

移植の日程ですが、早ければ今周期にピルを飲んで次の生理が来たら移植することもできるんだけど・・・・
お盆が近い頃なので仕事が忙しくなりそうだし・・・・・。
と考えて、1周期移植を見送りすることにしました

次の生理が来たら病院に行きピルをもらい飲むことに。

はぁ・・・・。
またマーベロンの副作用に苦しまなくてはいけないのかぁと思うと少し憂鬱
でも、そうしないと移植周期がやってこないわけで・・・・

まぁ、頑張ります

という事で、今周期はお休み周期となったのでまたしばらくゆっくり過ごしたいと思います

それでは、また~

 

↓↓よかったら、ポチッとお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (4)

2011年6月30日 (木)

人生2度目の採卵!

前回の日記の続きです

 

6月24日

いよいよ採卵の日を迎えました

その日は0時より絶食。
10時より飲料も禁止

前回の採卵の時には、採卵終了後に飲み物が出て来るものだと思って何も持っていかなかったら、結局何も出ず・・・
喉がカラッカラでキツかったので、今回はちゃんと自分で飲み物を持っていきました

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆

13時30分に入院。
病室で血圧を測ったり、採血、点滴の処置をされ

14時ごろにオペ室に移動
麻酔をされいよいよ採卵することに

前日から急にお腹の痛みが無くなってきていたので、
「排卵しちゃったんじゃない
と心配になったけど、どうやらまだ排卵してなかったようで一安心

前回の採卵の時は・・・・・
全く麻酔が効かず、「イテッ!イテテテ」と言っている間に採卵が終了した・・・という悲しい経験が・・・・(笑)

今回は、そうならないように
きちんと麻酔が効いて欲しいっっっ

麻酔が注射されていく時に、少し頭がポワ~ンとしたので
「よしっ!今回はちゃんと麻酔効くぜぇ!!」
なんて喜んだのもつかの間・・・・

チクーーーっ!!
チクーーーーーっ!!

・・・って。

ええ

い、痛いんスけど(笑)
全然、意識あるんスけどぉ

全く眠らないんですけどぉおおおおおお

麻酔・・・・やっぱり効いてませーーーん

その間も、チク!グサッ!チクーーー!!
って、何度も
しかも、前回よりも刺す回数多いしぃぃぃ

 

そんなんで。
今回も、麻酔が全く効かず採卵終了となりました・・・

ちーん。

 

やっぱり、お酒の強い人は麻酔が効かない場合もあるって、私の事なのですねぇ(笑)

その後はストレッチャーで病室まで運ばれ、しばらく休憩。

何度か看護師さんが血圧を測ったり様子を見に来たりしましたが、ほとんどの時間爆睡しちゃいましたぁ~

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆

17時ごろ。
病室を出て診察に。
(この時点ではまだ何個採卵できたのかは分からず)

先生「タマゴねぇ・・・・。13個採れたから

私、思わず
「おお(多)っっって言っちゃいました。

前の内診では
「今のところ大きい卵胞は5個くらいで、あとは小さいのがたくさん」
と言われていたので、まさかそんなに採れるとは思いもせず

先生「でもねぇ。精子の方なんだけどねぇ・・・・・。
数が少なかったので、
すべて顕微授精になっちゃうからね

ぬぉっ!すべて顕微かぁ~
前回の体外の時はふりかけでOKだったので、金額の事を考えるとちょっと切ない・・・

それでも、13個も採卵出来た事に感謝しなきゃね
 

その後、採卵後の注意点について先生から説明がありました。
今回卵巣への刺激が強く、重度のOHSSになる可能性があったためです。

先生からは
・必ずこれから卵巣が腫れてくる事になる
・腹水や胸水がたまる事がある
・血管内の水分が減少するため、血栓が出来やすくなる

このような説明がありました

そうならないために
↓ ↓ ↓ ↓
・一日の水分摂取は1リットルまでとすること(少なすぎてもダメ)
・激しい運動はしない事。腫れた卵巣が捻れてしまうため
・体を動かさない事も逆効果で、血栓を起こしやすくなるため普通に動くようにする
・毎日体重を計り、1日1㎏以上の増加が無いかチェックをする
・尿の量や回数が極端に減っていないかチェックをする

以上の事に注意をしなくてはいけなくなりました

ただし、生理がくればOHSSの症状は軽減するのでそんなに心配は要らないみたい
(採卵後の生理はたいてい1週間と早めにやってくるのが普通のようです)

一応、生理が早めに来るようにセトロタイド注射を1本打たれました

採卵後、徒歩で帰宅しましたが・・・。
OHSSの話をされた割には、ぜんぜんお腹の痛みが少なくて普通に歩けました

ところが・・・

家に帰ってしばらくしたら、やっぱりお腹が痛み出しました
とはいえ、前回の採卵ほど痛むこともなく

 

そんな感じで私の2回目の採卵は無事に終了することが出来たのでした
ひとまず、採卵できた事にホッ・・・

でも、次の日には恐怖の受精確認が待っているのでした
13個中、何個が受精できるのか

次の日記に続きまーす

 

             <つづく>

 

↓↓よかったら、ポチッとお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (0)

2011年6月27日 (月)

ごぶさたです!&体外受精シーズン2突入!!

大変ごぶさたしておりまーす

前回の更新からまたまた時間がたってしまいましたぁ
みなさま、お元気でしたか?

2月に子宮筋腫の手術をし、その後なぜかアメーバピグにハマってしまい(笑)、廃人になりかけ、仕事では人間関係に思いっきりやられ・・・

心身ともにズタボロの私でしたけど、なんとか生きております
 

筋腫手術の事をブログにまとめなきゃ~とずっと思って、はや4ヶ月
ちょっとずつ記事は書いているんだけど、ぜんぜん進んでおりませーん(笑)

そんな、もたもたしているうちに・・・・・

な、な、なんと
実はとっくに・・・・・

体外受精周期に突入しておりましたーーーっっ

しかも、すでに採卵まで終えちゃってるっていうね(笑)
報告が遅れてしまって、なんだか申し訳ない

本当は細かく、今回の周期の事をお伝えしたいんだけど、書きたいことが溜まりまくっているので、
ババーーッ
行っちゃいまっすっっ(笑)

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆

2月に受けた筋腫手術の時に、子宮も切って縫い合わせているため、半年間は妊娠NGなワタクシ。。。
でも、移植はせずに採卵だけであればぜんぜんOK!ってことで、

5月16日から体外受精シーズン2に突入となりました

(体外受精シーズン1では、ロング法で11個採卵→6個受精。
移植を3回するもすべてかすりもしない陰性だったのでした)

  

5月16日

  筋腫手術以降、初めて2回目の生理がやってきたため、
  ついにベビ待ち周期がスタート!!

5月17日

  この日から、マーベロン(低容量ピル)を21日間毎日服用

   →いつもこのマーベロンで吐き気の症状がでるので飲むのが
  憂鬱だったが、やっぱり今回も襲いくる吐き気・・・
  最初の10日間くらいはもう、具合が悪くて最悪の毎日だっ
  た・・・

6月10日(1日目)

  手術後2回目3回目の生理がやってきて、いよいよ採卵周期に
  突入!

6月13日(4日目)

  採血をし、ホルモン値が正常な値だったため、採卵のための
     注射をスタート
  誘発方法は「アンタゴニスト法」で決定

  本来ならば、昨日(3日目)から注射をスタートさせるのが普通
  だが、仕事でどうしても病院に行けず1日遅い注射となる
  
  今日からタマゴを育てるための注射スタート
   (HMG150単位)

6月18日

  エコーで卵胞のチェック
  反応はしているが、まだ大きさが小さいため、
  強い注射に変更(たしかHMG225単位)

6月21日

  2回目の卵胞チェック
  だいぶ卵胞が大きくなってきている様子。
  今のところ採卵できそうなタマゴは5個
  さらに小さいものがいくつも育ってきており、採卵までに
  どれだけ育っていくのかが勝負に

  この日から、さらに強いHMG注射に変更(たしか300単位)
    に加えて、
  排卵を抑える(セトロタイド)注射も打ってもらう

 採卵日が6月24日(金)に決まる!

6月22日

  この日もHMG注射+セトロタイド注射を打つ
  ホルモン値を見るために採血

  ・・・・その採血結果に驚愕!!

  通常卵胞ホルモン値(E2)が4,000以上だとOHSSになり
  やすいため、その周期に移植するのは見送りだというのに、
  私のE2の値が15,725にもなっていた!!

  (ネットで調べてみても、私みたいに15000を超えている人が
   おらず一気に不安に・・・・・

   どのみち、手術後すぐに移植はできないため、元々採卵した
  タマゴちゃんたちは、すべて凍結する予定でいたから、ちょうど
  良かったんだけど
  なんでこんなにホルモン値があがったのか、心配になる

6月23日

  排卵を促すため、3時に両鼻に点鼻薬を1回ずつ
  シュッシュ
  さらに3時30分に片鼻に1回シュッ

  ※3時って、午後3時じゃありませんよ~。
    朝(真夜中とも言う?)の3時のことですよぉ~
  
  
うちの病院。
  採卵時間がだいたい14時くらいと遅めなので、点鼻薬の時間
  も遅いのです
  もうねぇ・・・。
  3時なんて、外明るいし、カラスは鳴き始めているし(笑)
  でも、寝てしまうと3時に起きれる自信は全くなかったので、
  気合でずーっと起きてました

  旦那のセーシくんを病院に提出
  
採卵当日、どうしても旦那が仕事を休めないため、凍結して
  もらうことに。
  凍結すると、顕微授精になる確率が高くなると先生から言われ
  たけど、仕方ないっすわ・・・
  う~ん・・・・。
  かなりイタイ出費になりそうな気がします・・・(笑)
  

6月24日

  ついに迎えた採卵の日
  一度採卵の経験があるため、前の日も緊張せずにグッスリ

  果たして、タマゴちゃんは
  何個取れるのか

  

  その結果は、次の日記で

  

             <つづく>

 

長い文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました

↓↓よかったら、ポチッとお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

| | コメント (0)